顎口腔機能診断施設
曽矢矯正歯科クリニック
 
Home ご利用案内 会社案内 サービス案内 採用情報 お問い合せ

一般的な治療のながれについて説明致します。
年齢やお口の中の状況により若干変わります。

 @ 初診相談


 
 初診相談のご予約をしていただきます。来院されましたら、まず気にされている点 をお聞きし矯正治療の必要性があるかどうかについてご説明いたします。
次に治療目標や治療タイミング、そして費用につきまして詳細な説明をいたします。関連する色々なご質問があればお答えいたします。
検査をご希望される方は、後日に改めて行っております。
 
 A
 検査


 一般的な検査に付け加えて、唾液(カリエスリスクテスト)についても調べます。顎関節に問題がある場合は、顎関節運動の状態を記録します。
大人の方は2回に検査を分ける場合もあります。
 B 診断

 検査結果をまとめ問題点を整理致します。次に治療目標を立てます。治療目標に到達するためのタイミングと方法をお話しいたします。成長期のお子様の場合、2期分離型の治療計画が基本になります。
  第一期治療とは主に小学生の時期になるべくお口をバランスのよい状態に治療致します。中学生の時期は観察を主体とします。高校生で再評価を致します。必要に応じ最終仕上げの第2期治療を行います。第2期治療の必要がない場合でも「親知らず歯」の萌出の状況を調べ不要の場合は抜歯を勧めます。大人の場合、欠損や歯周病などがある時は他の歯科医師とも連携をしながら包括歯科治療をめざします。また費用についても診断時に確定いたします。
 C 虫歯予防について  カリエスリスクテストに基づき個別の指導を行います。歯ブラシ指導に加え、フッ素を家庭の中でどのように使っていただくか指導します。矯正治療中でも再指導が必要な場合は繰り返し行います。
 D 治療開始
 
 装置装着時には痛みはありませんが歯が動き出してから2〜3日は噛むと少し歯が浮いたりします。強く噛むと痛みを感じる場合が多いようです。 1週間程度でおさまります。
 E 治療期間   マルチブラケット法では動的治療期間は約2年です。通院間隔は3〜4週に1回程度がおおまかな目安です。
 F 保定・安定    装置を撤去すると1週間以内に後戻りを防ぐための保定装置を装着します。以後は3か月〜6か月に一度程度の来院になります。歯石除去やフッ素塗布を致します。
   この期間は長ければ長いほど好ましいと考えています。遠隔地に転居された場合でも1年に1度ぐらいの来院がお勧めです。

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3丁目2-16 第2MKビル 5階 TEL 022-268-1417


Copyright(C) 2013 Soyakyouseisika All Rights Reserved